単身パック比較.com

お一人での転居をお手ごろ価格で

引越しを控える人にとって、選択肢の1つとしてあるのが単身パック。これから一人暮らしを始めるなど荷物が少ない人向けのサービスです。名前だけなら聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

このサイトは、そんなサービスに特化して説明した情報サイトです。日通(日本通運)、クロネコヤマト(ヤマト運輸)、佐川といった大手各社が取り扱うサービスについても内容や値段を簡単に紹介しています。

どこに依頼するにしても、安易に決めたりせずに、まずは各社の見積もり価格や内容を比較するのが賢いやり方です。やっぱり費用を抑えるために相場より安い料金で請け負ってくれるところにお願いしたいものですよね。

利用する地元の業者をお探しなら、引越し業者のリンク集があります。都道府県別に、赤帽などの無料簡単一括見積もりサービスに参加していない小規模の事業者を多く紹介しています。

荷造りや手続きなどの情報なら、引越し手続き・準備について解説するサイトがあります。料金相場、車の陸送などさまざまなページがあります。

また、こちらと同じく、引越し単身パックを専門に扱うサイトもあります。よかったら参考にしてください。

季節や時期を考えよう

引越しにはシーズンというものがあります。季節や時期によって引越しが多い時期とそうでない時期とがあります。すぐに連想されるのが2〜3月。一人暮らしや転勤など新生活をはじめる機会が多いため、業者にも引越しの依頼が殺到します。1年間の引越し件数の大半がこの時期に集中しているとも言われています。

引越しの依頼が多ければその分業者も忙しくなります。そのため件数が多い時期は料金が割高になる傾向があります。逆に、1月や10月など件数が少ない時期にはさまざまな割引サービスを実施するなど格安で依頼することができます。

ですから、引越しする際にはできるだけシーズンをずらして行うと料金を抑えることができます。都合がつくなら忙しい時期は避けるようにしましょう。また、2〜3月に依頼する場合にはできるだけ早めに予約しておくと比較的割安で利用することができます。

見積もりを依頼する際にはこういったシーズンにも注意しておきたいものです。

業者の都合に合わせよう

引越しシーズンなどの場合、業者は多数の依頼を抱えて忙しくなります。そのため忙しい時期に依頼する際には料金が高めになってしまうという傾向があるのです。

逆に、業者の都合に合わせて依頼するようにすると料金面でかなりの優遇を受けることができます。たとえば業者が日時を決定することができるケース。いつからいつまでの間と期間を決めたうえで具体的な日時を業者に決めてもらうケースです。この場合かなりの割引を期待することができます。

もうひとつが早期割引。なるべく早めに依頼しておくと業者も都合がつきやすく、その分料金面で優遇されます。業者によっては1ヵ月前くらいに予約しておくと2〜3割引で利用することができることもあるようです。

家庭環境や仕事などの都合もあるのでなかなか難しいかもしれませんが、できるだけ業者の都合に合わせて日時を決定することで料金を割安に抑えることができます。引越し料金を抑えるひとつの対策として覚えておきたいところです。

引越しは午後に

見積もりを依頼する際には引越しする時間帯にも注意が必要です。午前か、午後、何時ごろに引越しをするかによって料金が異なってくるからです。

原則として時間帯が早いほど高く、遅いほど安くなっています。ですから少しでも料金を安く設定したい場合には午後に依頼すると料金を低く抑えることができます。時間の都合や引越し先までの距離の都合などもあるでしょうが、料金を抑えたい場合にはなるべく遅い時間に設定するとよいでしょう。

ただし、注意も必要です。遅い時間だと前の引越しの都合によって時間がずれ込んでしまう可能性があることや、作業が終わるのが夜遅くになってしまう場合もあります。終わったあと寝るスペースもないなんてことも。またあまり遅くなると近所迷惑になってしまう恐れもあります。これらの点を踏まえたうえで設定する必要があります。

このように、見積もり依頼をする際にはまず時間帯に注意するとよいでしょう。都合を考えながらもっともお得な時間を利用するようにしたいものです

日にちにも注意

引越しには向いている日と向いていない日があります。当然向いている日には業者も忙しくなりますから、その分料金が高くなります。逆に向いていない日に依頼すると割引サービスなどによって安く利用することもできるのです。

では引越しに向いていない日とはどのような日なのでしょうか。まず平日。仕事の都合などもありますから、どうしても休日の方が依頼が多くなります。できるかぎり平日に依頼するようにすることで割引料金で利用することができるでしょう。

もうひとつが六曜。大安吉日といわれるように現在でもなお六曜は人生の節目で重要な意味を持っています。引越しでもそれは同様で、仏滅や友引はあまり歓迎されません。逆にこの時期を狙って予約することで割引料金で利用することができる場合もあります。とくに仏滅は避けられる傾向が強く、10〜20%もの割引を受けられるケースもあるようです。

このように、特定の日時や業者が忙しくない日を狙って依頼することで料金を抑えることができます。見積もり依頼を出す際にはこういった点もチェックしておくとよいでしょう。

値引き交渉の重要性

1番安い引越し業者を探す際に役だつのが一括見積もり依頼。これを利用すれば複数の業者の中でどこが1番安く利用することができるのかを把握することができます。しかし、これだけで決めるのはやや早計です。引越し業者の場合、値引き交渉に応じてくれる場合も少なくないのです。

ですから、一括見積もりの結果だけで満足せず、引越しを依頼して具体的な見積もりをしてもらう場合にも値引き交渉をすることが重要になってきます。他の業者のサービスや料金を提示してみたり、必要のないサービスを減らしてもらうといった提案をすることで割引してもらうことができます。

また、その場で決めずに他の業者にも依頼するという方法もあります。そのことを告げるだけでも料金をその場で安くしてくれる場合もあります。

場合によっては2割、3割の割引を勝ち取ることも可能といわれています。一括見積もりはあくまで目安。それを基準にしたうえでさらなる割引を目指したいものです。

どれぐらいの費用がかかるのか

引越しをする際にはまずどれぐらいの料金がかかるのか相場を把握しておく必要があります。

引越し料金を決定する要素はいくつかあります。まず部屋の大きさ、それから移動距離、スタッフの人数、そして用意するトラックの大きさ。ですから家族の人数や荷物の多さなどをよく把握しておく必要があるのです。

たとえば家族で引っ越す場合。3トントラックで200km以内の引越しでは6万〜8万円程度が相場といわれています。ただし200kmを超える長距離の場合は運搬手段などによっても料金が異なってきますから、一括見積もり依頼だけでは十分な相場を把握できない場合もあります。また単身での引越しでは2トントラックで200km以内で2万〜4万円程度。

一括見積もりを出す際にはトラックの種類やスタッフの人数を細かく設定できない場合もあるので、大まかな相場を知っておくことは重要です。その上でどの業者が1番安く、また充実したサービスを提供してくれるのかをチェックするとよいでしょう。

料金が決まるポイント

複数の引越し業者にまとめて見積もりを依頼できる一括見積もりサービスは料金の相場を把握する優れた手段です。しかし、業者ごとにサービス内容や割引制度などが異なってくるため、一括見積もりでもっとも安い価格を提示した業者が1番魅力的というわけにはいかない面もあります。

単純に高い安いではなく、総合的なコストパフォーマンスを判断するためには引越し料金が決まるポイントを踏まえておくことが重要です。

まずサービス内容。たとえば荷造りや荷解きもサービスに含まれているか、あるいはエアコンの取り付けやピアノの搬送などを行ってくれるか。運搬の際の養生はどれぐらい充実しているか。基本的に安ければ安いほどサービスは少なくなります。自分たちにはどのサービスが不可欠かを把握したうえで判断する必要があるのです。

ほかにもトラック便か航空便か、どのような割引サービスを実施しているかなども注意したいところ。一括見積もりを利用する際には改めてこういった点もチェックしたうえで判断するようにしたいものです。

一括見積もりのメリットとは

数ある引越し業者の中からもっとも理想的なものを選ぶのはなかなか困難です。引越しを依頼する際にはどれぐらいの料金がかかるのかをあらかじめ見積もってもらう必要がありますが、一社一社依頼するのも面倒です。そんな時に役だつのが一括見積もり依頼です。

このサービスを利用すれば同一の条件下で複数の業者に一括して見積もり依頼を出すことができます。つまり、業者が提示してきた金額を比較することでどこが1番安いのかがひと目で判断することができるのです。

ネット上にはこのサービスを提供しているサイトがいくつかあります。どのサイトでも数十社以上の引越し業者の中から地域や条件に合わせて厳選したうえで一括見積もりをすることができます。大手から中小規模の業者まで比較することができるのも大きなメリットです。

引越しの際にはいろいろと出費がかさむもの。少しでも引越し料金は抑えたいものです。そのための方法として一括見積もりは非常に便利な方法なのです。業者を選ぶ際にはぜひとも利用したいサービスといえるでしょう。

賢い利用方法

引越し業者への一括見積もりはうまく活用することで理想の業者を探す判断材料にすることができます。

この一括見積もりは、単に複数の業者の見積価格を比較することができるだけではありません。無数にある業者の中から候補をピックアップする方法としても役だちます。

引越し業者は価格が安ければよいというわけではありません。ですから、安く提示してきた業者の中から3〜4社程度をピックアップしたうえで、より詳しいサービス内容をチェックするのです。公式サイトで内容を調べたり、電話やメールなどで問い合わせるといった方法があります。とくに直接問い合わせると相手の対応などで業者のよしあしを判断することができるでしょう。

訪問見積もりを依頼するという手もありです。複数の業者に依頼することで値引き交渉を有利に運ぶこともできます。

このように、一括見積もりは料金の相場を把握したうえで候補となる業者をピックアップする手段しても重要です。単に料金の比較だけでなく、幅広く活用するとよいでしょう。

注意点について

複数の引越し業者の中でどこが1番安く利用できるのかを手っ取り早く知ることができる一括見積もり。引越し業者の選択に非常に便利な方法です。

しかし、ここで提示される料金はあくまで大まかな見積もりであることを忘れてはなりません。実際に荷物の量や運搬する距離によって料金が変動します。それによって一括見積もりでもっとも安く提示してきた業者がもっとも安くならない場合もあるのです。できれば複数の業者に詳しい見積もりをしてもらう必要があります。

それから引越し業者のサービス内容や評判なども重要です。料金が安いけれどもサービス内容はイマイチという業者も少なくありません。養生保護が不十分で運搬時に壁や家具に傷をつけてしまったり、あるいは引越しの時間を守らないといったこともあるのです。安かろう悪かろうの業者には注意が必要なのです。

このように、一括見積もりはあくまで業者を選択する際の目安として活用するものです。これだけで決めるのではなく、他の情報も十分にチェックし、総合的な判断を下すことが重要になります。

単身パックとは?

日本には様々な引越し業者が存在しますよね。また、それぞれの引越し業者には、多くのプランが用意されていますが、その1つに引越し単身パックがあります。

単身パックとは、その名前の通り、単身者用の引越しサービスになります。業者によって決まっているボックスの中に自分の荷物を詰めて、それを一定の料金で運んでくれるといったものなのです。荷物が少ないからこそ、安くて済むといったプランとなっています。しかし、もちろん単身者だからといって誰でも安く済む訳ではなく、荷物の量によって料金も異なります。安く済ませたい場合は、なるべく荷物を減らすようにしてみてください。多くのボックスを利用すると、他の引越しサービスよりも結果的に高くなってしまうこともあります。自分の荷物がどの程度かきちんと把握した上で、どのプランがお得なのか比較検討してみてくださいね。

今では同時に様々な業者やプランの見積もりを請求することができますので、不安な場合はなるべく多くの見積もりを出してもらうといいでしょう。見積もりについては無料の所がほとんどです。また、業者の中には、自分で梱包すれば更に安く済むという場合もありますから、事前に確認してみましょう。

荷物が少ない場合、午後便や混載便などを利用することによって料金が格安になることもあります。急ぎでない場合はそういった便を利用することで安くなるのか確認してみてください。引越しはお金の掛かるものですから、なるべく安く済ませたいものですよね。

梱包方法

引越し単身パックでは、自分で梱包をする必要があります。単身パックの場合も大物家具や家電については、作業員が搬入及び搬出してくれる所が多いようですが、小物については自分で梱包しなければなりませんので、なるべく荷物を少なくまとめたいものですよね。そこで、引越し単身パックの梱包方法のコツについてご紹介致しましょう。

まず、CDや書籍といった重い荷物については、なるべく小さい箱にまとめましょう。大きい箱に入れると運ぶのが大変になってしまいますので、運ぶことを考えながら梱包しましょう。大きい箱に詰める場合は、重いものと軽いものを入れると、運びやすくなりますね。食器などの割れ物については、新聞紙や緩衝材などを利用して、壊れないようにしましょう。箱の角については、新聞紙を丸めて入れると衝撃に強くなりますよ。割れ物が入っている箱には、分かりやすいように「われもの」と表示しておくことをお勧め致します。重いものはなるべく箱の下に入れて、反対に軽い物は上に入れるようにしましょう。箱を閉じる前に、何が入っているか分かるように、箱の横へ中身を記載しておいた方がいいですよ。後で整理しやすくなりますね。

冷蔵庫については作業員が当日搬出してくれるとは思いますが、前日には中身を全て空にし、電源を抜くようにします。そして、中に水気があるようでしたら予め拭いて置きましょう。洗濯機も水を抜いたら、給水ホースを予め外します。電化製品のコードについては全て外してまとめて置くと運びやすくなりますよ。パソコンは万が一データが飛んでしまったときのためにデータのバックアップをとっておくと安心ですね。ストーブなどの灯油については危ないので空にしておくようにしましょう。貴重品は引越しの荷物の中には入れず、自分で運ぶようにしてくださいね。引越し単身パックを利用するのであれば、なるべく安く済むように梱包方法も工夫してみてください。

日本通運

上戸彩さん出演のCMでも有名な日本通運の引越し単身パックについてご紹介致しましょう。日本通運の引越し単身パックの特徴としては、SとLといった2種類のサイズが用意されており、自分の荷物量に合わせて選択することができるということが挙げられます。Lサイズというのは、BOXの内寸が横幅104cm、奥行き104cm、高さ174cmで、料金は18,900円からになります。Sサイズは、BOXの内寸が横幅108cm、奥行き74cm、高さ154cmで、料金は17,850円からです。単身赴任や一人暮らしをする方にピッタリではないでしょうか。

また、インターネットから依頼すると、2,100円割引されるのです。それだけでなく、その分マイルも溜まりますから、非常にお得ですよね。料金の目安については、かんたん料金チェックというものもあり、現在地、着住所、そして荷物の種類を選択するだけでおおよその金額を確認することができます。インターネット上から簡単に申し込みすることもできます。料金内には100万円の運送保険が付いているため、万が一のことがあっても安心ですね。問い合わせ伝票番号によって、配達状況も確認できます。

但し、夜間配達の場合、1BOXあたり2,100円の割増料金が発生します。また、土日祝日配達の場合も、同様に2,100円掛かりますから、土日祝日の夜間の場合には4,200円料金が発生しますので、注意しましょう。移動距離によっても変わってきますから、事前に確認してみてくださいね。

申し込みから引越し完了までの流れとしては、引越し前日までに申し込みをし、小物類については箱詰めを行い、当日は大きい家具類などについては業者スタッフが搬出してくれます。それから輸送を行い、現地についたら搬入をし、開梱をすれば完了です。まずは単身パックの見積もりから請求してみてはいかがでしょうか。

クロネコヤマト

クロネコヤマトの引越し単身パックの特徴としては、単身パックの種類が多々あるということが挙げられます。例えば、引越し先が近距離で、荷物が少ないという場合には、「おまかせフリー割サービス」といったものがあります。内容としては、ドライバーと1名の作業スタッフが付くもので、大物家財については作業スタッフの方が搬出及び搬入を行ってくれます。自分で運ぶ必要がないため、楽に引越しをすることができますよね。近距離ですから、当日配達してもらうことができますし、大物家具や家電については作業スタッフの方が梱包も行ってくれます。

引越しした後で開梱をすると段ボールが邪魔になってしまうことも多いでしょうが、そういった不要な段ボールについても回収してくれるサービスもあります。家財量が15kg以内で、尚且つ輸送距離が50km以内の場合、そしてお客様が連続する5日間を指定して、その中でクロネコヤマトの都合のいい日時を決定するということができる場合に、このサービスを利用することができるようですよ。

また、2M3BOXの単身引越サービスもあります。これは、専用BOXによって輸送するもので、BOXは押入れ1段分といった大きさのものですから、単身者にはちょうどいい大きさではないでしょうか。BOXの内寸は、1.04m×1.04m×1.70mです。また、荷物が入りきらない場合は、らくらく家財宅急便と組み合わせることもできますよ。小物の梱包は自分で行わなくてはなりませんが、家電や家具の梱包をする必要もありません。翌日届くようですし、無料で午前中、12時から15時、15時から18時、18時から21時の中から時間指定配達をすることもできます。平日で同一市内や区内の場合には、1BOXあたり税込12,600円からのようですから、格安ではないでしょうか。

この他に、ビジネスマンのための単身パックとして、単身引越ジャストサービスというものもありますよ。クロネコヤマトの引越し単身パックは、自分に合ったサービスを選択することができますよね。

赤帽

赤帽の引越し単身パックは、東京都内から全国どこでも配達してくれますし、全国各地から東京都内や横浜市内、川崎市などへの配達も行っています。赤帽の引越し単身パックというのは、学生の方や一人暮らしの方、単身赴任者向けにプランを用意しており、迅速丁寧親切をモットーにしています。

東京都内から長野県や福島県、静岡県といった各地に配送する場合、当日若しくは翌日に着くようですから、他の運送会社の中でも配送が速いというのが特徴です。料金の目安としては、例えば東京都世田谷区から名古屋市内の場合は68,000円から、松本市内では47,000円から、仙台市内は71,000円から、大阪市内は97,000円から、新潟市内は64,000円から、静岡市内は41,000円からのようですよ。日曜及び祝祭日は2割増になり、季節や距離、作業時間によっても変わってくるようですので、確認してみてくださいね。

詳しい料金を知りたい場合は、赤帽のインターネットサイトに見積もりフォームがありますので、そちらから24時間いつでも依頼することができますよ。荷物保険については、最高300万円の補償が付いています。

また、赤帽車に1名同乗することもできるようですので、一緒に移動したい方には嬉しいですよね。こちらは無料のサービスとなっていますが、長距離や高速を利用する際にはサービスが適用されないようですので注意しましょう。

赤帽の単身パックの流れとしては、見積もり依頼をし、見積もりの確認をしてその内容でよければ電話若しくはメールの返信で申し込みを行います。前日までに段ボールに自分で梱包をしておきます。当日作業が完了したら、現金で支払って引越しは完了です。赤帽の引越し単身パックを利用して、迅速に引越しを行いたいものですね。

佐川引越センター

佐川引越センターの引越し単身パックでは、一人暮らしの方や学生、単身赴任者向けに格安でサービスを提供しています。少量の荷物を運びたいという場合にも対応してくれますから、例えベッド1つでも運送してもらえるのが便利です。

近距離で少量の荷物を運びたいという場合には、シングルコースの近距離プランがあります。ワンルームの場合、午前中に引越しをすると37,530円から、午後の場合は27,000円からとなります。1Kの場合は、午前中の場合は40,160円から、午後の場合は29,610円から、1DKの場合は午前中で42,780円から、午後で32,250円からといった料金です。

単身パックのサービス内容としては、移動が10km圏内の場合で、助手付きの2トン車での運送、小段ボール10個、テープ1つ、布団袋1個が付いています。荷物の梱包及び開梱についてはお客様自身で行う必要がありますので、頭に入れておきましょう。また、近距離に限らず、遠距離であっても低い料金設定がされています。

この他にも、単身パックとして、10km圏外の中・長距離コースがあります。専用カーゴで運送するもので、寸法としては横100cm、横75cm、高さ145cmとなっています。詳しいことを知りたいという場合は、フリーダイヤルでお問い合わせされてみてはいかがでしょうか。

また、佐川引越センターのホームページから、訪問見積もり及び概算見積もりを請求することが出来ますので、まずは他の業者と料金を比較してみるのもいいでしょう。訪問の方が安心できるという場合もありますので、そういった方は是非訪問見積もりを依頼してみてくださいね。

アップル引越センター

東京、横浜、川崎から引越しをする場合にお勧めなのが、アップル引越センターです。アップル引越センターの単身パックは、単身Sプラン、単身スタンダードプラン、単身LLプランといった3つのプランが用意されています。この他にも、単身格安長距離便や単身格安帰り便プランといったものもあります。

単身Sプランは、軽トラック1台分や1.5トン車の半分程に収まる程度の荷物で引越しをしたいという場合のプランです。段ボールが無料で10枚付き、ハンガーBOXが1本、布団袋を1枚無料でレンタルすることができます。作業員が1名付きますが、1名では運ぶことができない大きい荷物がある場合、またエレベーターがない5階以上の場所、高層マンションといった場合にはこのプランを利用することができない可能性もありますので、事前に確認しましょう。

単身スタンダードプランは、1.5トン車に収まる荷物のプランで、作業員が2名付きます。無料で15枚段ボールが付き、ハンガーBOXが2本と布団袋を2枚無料でレンタルすることができます。また、洗濯機の取り外しやベッドの分解、組み立ても行ってくれますし、大物家具などの梱包も無料で行ってくれます。

単身LLプランは、単身でも広めのお部屋に住んでいる方にお勧めです。2トンL車分以内の荷物を運ぶことができ、作業員が2名付きます。段ボールが20枚無料で付き、ハンガーBOXが3本と布団袋を2枚無料でレンタルすることができます。洗濯機の取り外しやベッドの分解、組み立て、大物家具などの梱包、必要に応じて部屋の養生も行ってくれます。無料サービスが充実しているというのは、アップル引越センター単身パックの特徴ですね。

小物梱包、開梱作業やエアコンの脱着、リサイクル品の買い取りや不用品の処分、建物養生、各種電気工事などのオプションも付けることができます。時間がない方は、アップル引越センターの単身パックで、こういったオプションを利用してみてはいかがでしょうか。

ダック引越センター

ダック引越センターにも、引越し単身パックがあります。ダック引越センターの単身パックは、ワンルームから1Kのお部屋に住んでいる方にお勧めです。1.5トン車や2トン車で運送してくれますから、荷物がたっぷり乗りますね。作業員は2名付いており、全ての荷物の運搬から設置まで行ってくれます。大型家具の家電ももちろん梱包を行ってくれますよ。午前、午後といった指定をすることもできますから、自分の都合に合わせてどちらがいいか選ぶことができます。いつの時間帯でもいいという場合は、お得なフリータイムプランもあります。近距離ですと、15,000円からといった格安で引越しをすることができるようですよ。

流れとしては、ダック引越センターのホームページ上から見積もりを依頼すると電話若しくはメールで折り返し連絡が来ます。希望の引越し日時や荷物などの確認を行い、その内容でよければ申し込みを行います。また、受付する際にガムテープや段ボールといった梱包資材を注文すると、後日自宅に送られてくるといったサービスもあります。後は引越し当日までに自分で荷物の梱包を行うだけです。引越し前日には、電話にて日時の確認を行いますから安心ですね。代金については当日現金で作業前に支払います。引越しの搬入が終わってから、10分間サービスで簡易作業を行ってくれるようですので、是非活用したいものですね。

初めて引越しをする方のために、荷造りのポイントや引越チェックリストがありますので、そういったものを活用することをお勧め致します。ホームページには引越カレンダーというものもあり、お得な日が一目で分かるようになっていますので、いつでもいいという方には嬉しい事ですね。ダック引越センターの引越し単身パックは、様々なサービスがありますし、日によって更にお得な料金で利用することができますよ。

ワンルーム引越しセンター

東京、川崎、横浜、千葉、埼玉から引越しをする学生の方や一人暮らしの方であれば、単身引越しワンルーム引越しセンターの単身パックを利用してみてはいかがでしょうか。単身引越しワンルーム引越しセンターの単身パックというのは、一人暮らしでも荷物が多めの方にお勧めです。軽トラック1台で日本通運やクロネコヤマトの単身ボックス、およそ3倍もの量を運ぶことができるのです。軽トラックの荷台は高さ2メートルで、最大積載量は350kgです。

また、他の引越し業者では現金払いの所が多いですが、単身引越しワンルーム引越しセンターは、パソコンや携帯電話からクレジットカードで支払うことができます。段ボールM、Lそれぞれ5枚、布団袋、食器梱包用のハニーペーパー20枚やクラフトテープ、プチプチ1.2m×2m、ぞうきん1枚、40L用のごみ袋1枚といった梱包素材を無料でプレゼントしてくれます。送料も無料、宅配便で届けてもらうことができますし、配達日や時間帯を指定することもできます。大切なパソコンを運ぶためのパソコンボックスやスーツなどをハンガーにかけたままの状態で運ぶことができるハンガーボックスも無料でレンタルできますよ。

作業前には玄関マットを敷くため、家具などで床を傷つける心配もありませんし、作業員は靴下の上から足カバーを装着しますので汚れる心配もありません。お部屋にはキズ防止シートを敷き、その上に荷物を置きますし、トラックの荷台にもカーペットが敷いてあり、土足厳禁で作業を行っているようですから安心ですね。

単身パックの見積もりは、ワンルーム引越しセンターのホームページから行うことができますよ。安心度を重視するのであれば、ワンルーム引越しセンターの単身パックはいかがでしょうか。

ハトのマーク引越センター

ハトのマークの引越センターは、CMでも放送されているため、ご存知の方も多いでしょう。ハトのマークの引越センターにも単身パックが用意されています。単身パックにも3つの種類があり、近距離の引越しの場合には「小鳩プチトラパック」、遠距離の引越しの場合には「小鳩パック」、急ぎで引越したいという場合には「小鳩スカイパック」があります。小鳩プチトラパックは同一市内や同一県内などの近距離に利用するもので、小鳩パックは遠距離でも荷物が少ない方のプラン、小鳩スカイパックは航空機を利用して遠距離輸送をするため、到着が速いのです。急に転勤になったときでも安心ですね。

小鳩プチトラパック以外の単身パックは専用BOXを利用するもので、専用BOXには封緘シール付きのカバーがありますので、荷物を傷つける心配がありません。また、梱包費用や手間を最小限に抑えることもできますよね。専用BOXの寸法は、横1.04m、高さ1.46m、奥行き0.74mとなっています。専用BOXに荷物が入りきらない大きさのものも輸送してくれるようですので安心ですね。

引越しまでの流れとしては、インターネット上から申し込みフォームに必要事項を入力し、見積もりを依頼します。そして、住んでいる場所に近いセンターの担当者から、電話若しくはメールで連絡が来ます。実際に見積もり訪問をする日程を決め、見積もり訪問にて搬出する荷物の確認を行います。その上で自分に合ったプランが提示されますので、自分でプランを決めて予約をし、当日までに梱包を行います。プランに応じて梱包資材を送ってくれるようですよ。フリーダイヤルで相談をすることもできますので、不明点などをまずは問い合わせてみるのもいいですね。

基礎知識
単身パックとは?
料金はどうなっているの?
本当に安い?

大手引越し業者
日通(日本通運)
クロネコヤマト引越センター
佐川引越しセンター(佐川急便)

対象地域
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県